68歳の男子高齢熟女のセフレがほしい

所詮セックスができればいいんだから…と言って手当たり次第にセフレを選んだりはしていませんか?セフレはちゃんと向いているタイプを選ぶ事でより付き合いやすくなるし、またもし不向きなタイプをセフレに選んでしまうと後に面倒な事になりかねないので、セフレを作る前にしっかりとセフレに向いているタイプを知っておきましょう。

まずはセフレに向いている女性のタイプについてですが、まさにセフレに向いているタイプの女性は人妻です。人妻は基本的にセフレに本気の恋愛を求めてはいないので、セフレとしての完全に割り切った交際をすることができるので、セフレを探す男性にとっては人妻はかなり人気があります。人妻と言っても最近は若くてキレイな人妻が多いので熟女だけに限らずどんなタイプの人妻でも探しやすいので、男性からの人気も日に日にアップしているのです。逆に人妻ではなく女性の若さだけに見とれてセフレにしてしまうと、若い女性は本気になってくるリスクが高いのでちょっと面倒かもしれません。とは言っても全ての独身女性がそうだと言うわけではないので、もし独身で若い女性を選ぶのならもし本気になったらその時点でセフレの関係は終わりにすると言う事はお互いに決めておくと良いでしょう。

セフレに向いているタイプが人妻だと言いましたが、人妻専門のセフレサイトがあるほど人妻がセフレを作る事が当り前の世の中になっています。そしてセフレを求めている人妻はただセックスがしたいと言う欲求だけでセフレを作っているのではなく、男性と一緒いる時間を過ごす事で一人の女性としての時間を楽しく過ごしているのです。

では男性ならどんなタイプが向いているのでしょうか?セフレを求めている男性は既婚者もいれば学生のまだ若い男性もいたりと、幅広い年代の男性がセフレを求めているので女性からすると一見選び放題のように見えますが、ここは女性の年齢に関わらずに若い学生の男性がセフレのタイプに向いています。学生ともなると社会に出るまでの遊びと言った感覚でセフレを作ろうとしている男性が多いので、ちょうど飽きてきた頃にセフレの関係を終わりにすることが出来るかも知れないという点においてもセフレにするには凄くラクな付き合い方ができる相手でもあります。

また学生は時間を持て余しているのでいつでも会える相手としても自分の都合に合わせやすくなるので、その点から考えてもセフレにするタイプの男性は学生の若い人がセフレに合っているのです。では逆に結婚している男性についてはどう思いますか?一見独身の学生相手にセフレを選ぶよりも結婚している男性のほうがセフレとして割り切った交際ができそうに見えますが、実は既婚男性をセフレにする事ほど面倒な事はありません。男性自体には問題はないのですが、その男性の奥さんにバレてしまった時がかなりまずいのです。お互いにセフレと割り切った交際をしているにも関わらず、奥さんから見ればセフレだろうがなんだろうが夫が不倫をしている事に変わりはないので、下手すると女性にまで慰謝料を請求してくるような奥さんもいるので既婚男性をセフレにするのはあまり向いていません。

セフレと修羅場にならないための注意点

セフレが居ると答えている人の中にはお互いにセフレだと認め合わずに交際している人も時々います。これは修羅場になるリスクが高くなるので中途半端なセフレとしての交際の仕方は絶対にやめましょう。セフレと修羅場にならない為には、自分だけの思いこみでセフレだと決め付けずに、きちんと二人で話し合ってセフレとしての交際をしていこうという約束事をする事が修羅場を避ける方法の1つです。
セフレはセックスの関係が中心となっている分、それだけ親密度が増しています。なのでセフレ同士だからこそちょっとした事でトラブルになる事もあるので注意しま
しょう。

認識しあった交際

酔った勢いでセックスをしてしまい、それからと言うもの一緒に飲みにいけばセックスをすると言うのはお決まりになっていき「こりゃもうセフレだな」と勝手に思い込んではいけません。何故ならそこにたとえ恋愛感情がなかったとしても相手はセフレと言う関係ではなく、これから真剣に付き合うかもしれない相手として貴方を見ている可能性があるからです。そうなってくると面倒になり、修羅場となってしまう事もよくあるので、セフレかどうかを出会って数日でハッキリさせておくことが重要な事となります。お互いにどんな風にセフレとして交際していくのかと言うのを認識し合う事こそ、修羅場を切り抜ける事ができる方法です。

セフレにそれ以上を望んではいけない

修羅場となるケースでよくあるのは、付き合いが長くなっているセフレで、それはどちらかに恋人ができてしまった時や結婚相手ができてしまった時こそ起こります。セフレとしての交際が長くなると相手の事をよく知る事ができたり、もしくはかなり気心がしれた相手となっているので恋人のように仲良くなってしまっていると言う事があるのです。しかしセフレはあくまでセフレであり、たとえ気心がしれている相手だからと言ってセフレを恋人にするというのは至難のワザとなるので簡単にはいきません。

セフレはセフレだからこそ恋人のように、もしくは恋人以上に気を許せる相手となっているので自分の中でもセフレにセフレ以上の関係を望んでしまわないようにしましょう。もちろんセフレが恋人になる人もいますが、これは自分だけの一方的な感情だけでなく、相手の感情も同じように盛り上がっていなければ恋人となる事は不可能なので、かなり時間がかかるか、もしくはセフレだから仲が良いという現実に直面する事になるかと思います。

男性よりも女性のほうがセフレを求めている

セフレといって思い浮かぶのはヤリまくっている男性のイメージでしたが、最近は男性よりも女性のほうがセフレを求めている事が多く、それは出会い系サイトを見てもすぐに分かります。一体女性がセフレを求めている背景には何があるのでしょうか?これほどまでにセフレと言う関係を望んで相手を探している女性が多いのにはある理由が隠されていたのです。

女性はどんなに強がりな女性でも基本はみんな寂しがり屋ですが、それは彼氏がいても夫がいても同じ事であり、心のどこかでいつも寂しさを抱えている、それこそが女性なのです。なのでそんな寂しさを埋めたいと言う願望からセフレを求め、ちょっとした心の隙間をセフレによって癒され、また日々の生活を過ごせる活力を補っていると考えるとセフレを求める理由が分かりやすいかと思います。女性がセフレを募集する背景には「寂しさ」があったのです。ただセックスがしたいからと言う理由だけでなく、セフレは恋人とは違った癒しを女性に与えてくれているので、セフレを恋人にしよう!なんて考えは初めから持っていません。ですが稀にセフレが恋人になる…ということもあるようですが、あれはお互いにセフレ以上の関係を求め合ったときとお互いに本気で愛し合った時だけなので、中々叶う願いではないでしょう。

たとえセフレが恋人になったとしても、これまで割り切ってセフレとしての関係を続けてきたので、恋人になったからといっていきなり甘えるという態度も取れないという女性もいるので、結果的に恋人もセフレも同時に失うという事を女性は知っています。なのでセフレを募集している女性は「どんなに相性があって一緒にいる時間が楽しくてもそれはセフレだから」という捉え方をしているので、女性がセフレを募集するのは恋人が欲しいと言う理由とはまったく別のところにあるのです。恋愛となると色々悩んだり嫉妬をしたりするので余計な部分で体力を使ってしまうから面倒…ならば人の温もりを感じる事ができて寂しいと思える時に会えるセフレを作ったほうが楽に付き合える、という考えから女性はセフレを求めるようになります。それだけ多くの女性が仕事や社会に疲れ、男性と同じように癒しだけを求めている女性が増えていると言う事でしょう。

男性が恋人や妻以外に癒しや安らぎを求めているのと同じで、女性もまた同じ思いでセフレを募集しているのです。